ダンベルフライ

ダンベルフライ 筋トレ種目(胸)

[使われる筋群] 大胸筋、三角筋(前部)

ダンベルフライ ダンベルフライ

ダンベルフライの動作のポイント

  • トップポジションでは肘をロックさせないようにします。

  • 息を吸いながら大きく弧を描くようにダンベルを下ろします。

  • ダンベルを下ろした状態では肘を軽く曲げたままの姿勢を保ちます。
    息を吐きながら、大きな弧を描くようにダンベルを上げます。

トレーニングのポイント

フライの場合、重いウェイトを使用すると肘の曲げ伸ばしが起き、プレスの動作になってしまいますので、プレスより軽いウェイトを使用します。

足をベンチに乗せることにより、より大胸筋を刺激することができます。初心者の場合はバランスをとるのが難しくなるので筋力がつくまでは、しっかりと地面に足をつけましょう。

ダンベルフライ

肘の関節角度で負荷を変えることができます。腕を大きく広げれば(肘関節角度を広く)軽いウェイトでも大胸筋を刺激することができます。

スポンサードリンク

大胸筋種目


人気NO.1 プロテイン!!