筋肉と食品

筋肉づくりに役立つ食品

筋肉づくりにの効果を上げるにはサプリメントが役に立ちますが第1の基本は食べ物」ということを忘れてはいけません。 毎日の食事をおろそかにしてサプリメントに頼り過ぎると筋肉づくりの効果は期待ができません。

ヨーグルト トレーニングやストレスにより腸の働きが低下することがあります。乳酸菌を取ることで腸の健康が高められ、栄養吸収が高まり、免疫力も高まります。同化作用(筋肉をつくる作用)が促進されます。
コーヒー 免疫系の働きを助け、筋肉の回復を勧めます。
そば 消化・吸収の遅い炭水化物摂取してからエネルギー源として利用されるまでに時間がかかりますが長時間にわたってエネルギー維持に役立ちます。
ブロッコリー ビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2はタンパク質を筋肉に変えてくれる栄養素です。トレーニングする人は一般的な人よりビタミンB23~4倍多く摂取する必要があります。
豚肉 ビタミンB1が牛肉の約10倍含まれていて、良質のタンパク質も含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれる役割をします。不足するとエネルギー代謝が悪くなり筋量増量の妨げ、パフォーマンスの低下に繋がります。
ほうれん草 グルタミンが豊富に含まれています。グルタミンは筋肉の成長や免疫機能の強化など重要な働きを持つアミノ酸。ほうれん草はほぼ90%が水分なので多めに摂取する必要があります。
トマト トレーニング後の筋肉の損傷の回復に効果が期待できます。
パスタ パスタはスポーツに最適なのは有名です。エネルギー効率が非常に良く炭水化物ですので筋グリコーゲンを蓄えるのに最適な食品。
ツナ缶 タンパク質が豊富で筋肉づくりに重要なBCAAが消費されることを抑えることができます。体内にBCAAが十分にあれば筋肉の損失を防ぎ代謝を高く保つことができます。(なるべくノンオイルの物を選びましょう)
スポンサードリンク