筋肉発達 プロテイン

筋肉発達を促進するプロテイン摂取プログラム

体が成長しない理由として確実に言える要因のひとつが栄養不足。特にタンパク質摂取量の不足が大きな要因だ。「プロテインはちゃんと摂っている」と言う人でも、なかなか筋肉がつかない、こんな経験ないだろうか?

よく有りがちなパターンが、プロテインをケチっている。私もその一人でした。何だかんだ言ってプロテインはお金がかかる。なので1日1回とか、トレーニング後だけに飲んだりとか、プロテインをケチっていた。

これでは幾らプロテインを飲んだとしても筋肉は成長しません。適切なタンパク質の摂取量が摂れていないからです。結局お金の無駄遣いになってしまっているのです。

毎日適当(1日1回など)にプロテインを摂取しても体に変化は起こらない。
筋肉をつけたい期間には、しっかりとプロテインを摂取することで筋肉は成長する!

トレーニング日だけプロテインを摂っていないか?これではダメだ!

トレーニングを行わないオフ日(休養日)こそ、筋肉を成長させる最大のポイント。
オフ日こそ、しっかりとした栄養補給をするようにする。

トレーニングで筋肉は成長するのではない。トレーニングを行い休養している時に適切な栄養摂取をすることで筋肉は成長する!


効果を上げるプロテイン摂取プログラム

1日のタンパク質摂取量が分かっていても、1日の食事でどれだけタンパク質を摂取しているのかも分からない。よってプロテインを1日何回摂ればよいのか分からない。

プロテインは1日2~3回摂れば1日の必要摂取量は摂れる

一般的には3食ごく普通の食事を摂っていれば、大体自分の体重と同じくらいのタンパク質を摂取できています。(体重60kgの人ならタンパク質60gは摂れている)よって残り半分をプロテインから摂取してやればよいのです。

体重による個人差はありますが大体の目安としてプロテインは1日2~3回摂れば1日の必要摂取量は摂れるのです。

トレーニング日・1日3回 オフ日・1日3回
トレーニング30~60分前 間食1(間食が無理な場合は昼食で摂取)
トレーニング直後(30分以内) 間食2(間食が無理な場合は昼食で摂取)
就寝30分前 就寝30分前

8週で行うタンパク質増量プログラム

タンパク質の摂取量を増やすことで筋肉の発達に効果を上げます。8週間を目安としたサイクルで行うプロテイン摂取プログラムだ!

■まず4週間、タンパク質の摂取量を増やす。この場合「体重1kg×タンパク質3g」を摂取するようにする。

■そして5と6週目にはタンパク質の摂取量を「体重1kg×タンパク質2g」に減らす。

■最後の2週は再び「体重1kg×タンパク質3g」を摂取する。

このようにタンパク質の摂取量を増減させサイクル化することにより、栄養摂取に変化を与えることができ筋肉の成長を促す事ができる。

スポンサードリンク