アーノルドプレス

アーノルドプレスで三角筋を強化しろ!

アーノルドプレスはアーノルド・シュワルツェネッガーが好んで行っていた事からこのネーミングが付いた私のベスト5に入る大好きなトレーニング種目「アーノルドプレス」この素晴らしいトレーニングを是非とも紹介したかったので、あえてトレーニング一覧には載せずコンテンツで紹介します。

アーノルド・シュワルツェネッガー

三角筋をハードに鍛えることができる、この種目の動作をマスターして、トレーニングプログラムに組み込んで欲しい!!アーノルドのように素晴らしい肩をつくりましょう!!

アーノルドプレスをマスターしよう!

腕に回転が入るので負荷が強い!

アーノルドプレスは腕に回転が入るため、通常のショルダープレスよりも三角筋全体を強く刺激ができます。特に三角筋(前部)に強い刺激がかかる効果的トレーニング。

動作が難しい

見た目よりも動作が難しく重いウェイトが扱えない種目なので、通常のショルダープレスの後に、やや軽めのウェイトで行うことが最も効果的。

アーノルドプレスの動作

アーノルドプレスアーノルドプレス

・なるべく背もたれのあるベンチに座ります。
手の平を自分側に向けダンベルを握ります
・前腕は水平を保ちます。

アーノルドプレスアーノルドプレス

・息を吐きながら弧を描くように手首を回転させダンベルを押し上げます
・トップポジションで、腕を伸ばし(肘はロックしない)ダンベルの両端を近づけます。
・息を吸いながらスターとポジションに戻します。

トレーニングのポイント

トップポジションで肘をロックしてしまうと、肩の緊張が抜けてしまうので注意する!

■見ため以上に動作が難しい種目なので、初めて行う場合は軽いウェイトで動作をしっかり身に付けるようにする。

■腕を回転させるため、あまり重いウェイトを使うと手首&肩を痛める恐れがあるので注意が必要。


アーノルドプレスのトレーニング・プログラム
1種目 バーベルショルダープレス 複合動作なので重いウェイトでしっかり刺激する
2種目 アーノルドプレス 複合動作で更に刺激が強いこの種目で全体を追い込める
3~5種目 サイドレイズなど アイソレーション種目(1つの関節のみが作用)を行う
スポンサードリンク