筋トレ オーバートレーニング

オーバートレーニングの危険性

オーバートレーニングの症状

オーバートレーニングとはトレーニングにおける運動パフォーマンスが極度に低下する症状です。そしてオーバートレーニングはウェイトトレーニングにおいて以外と早い段階で症状がでてきます。

オーバートレーニングの症状

・何時もなら楽に上がるウェイトでも重く感じ、メインセットでは3レップもしくは1レップも上がらないという事が起こります。

・スタミナが持たない。

・日常でも眠気、体のだるさなどの症状が出ます。

こうなってしまうとトレーニング効果は非常に低下してしまいますし怪我をする恐れもあります。

早く結果を出したい!その焦りからトレーニングをやりすぎてしまい、結果逆効果になってしまうので対策が必要となってきます。

オーバートレーニングの対策

トレーニング6~7週間目には頻度を少なくし軽いウェイトを使用したトレーニングを行う

オーバートレーニングになってしまった場合は、一週間休養を取る 筋肉は7日あれば完全に回復することができる (1週間程度であれば筋力の低下は殆ど起こらないので安心して下さい)

オーバートレーニングかな?と思い始めたらトレー二ング頻度を落として 次のトレーニングまで長めに休養を取る

トレーニング後にはグルタミンやBCAAなどのサプリメントを摂取する 異化作用を抑え、筋肉の回復修復をうながします。


おすすめサプリメント
筋肉の回復、修復をうながすサプリメントで効果的にオーバートレーニングを回避しましょう!!

DNS グルタミンパウダー(300g)
DNS グルタミンパウダー
DNS BCAAパウダー(200g)
DNS BCAAパウダー(200g)
スポンサードリンク