プロテインと筋量アップ

プロテインだけでは筋量アップできない

筋肉の発達にはタンパク質+炭水化物

よくプロテインを摂っていれば筋量がアップすると思われていますが、これは大間違いです。そもそもプロテインは「タンパク質」、筋肉をつくる役割をする材料です。

「だからプロテインをとればいいのでは?」と思うかもしれませんが、 筋肉をつくるには炭水化物が必要になります。

タンパク質は炭水化物を摂っていないとタンパク質が体に吸収されないのです。炭水化物はタンパク質を筋肉に送り込む役割を果たしてくれるのです

タンパク質と炭水化物は二人三脚

タンパク質は筋肉をつくる材料で、炭水化物はタンパク質を体内に運び筋肉を合成してくれる役割をするのです。

タンパク質は筋肉をつくる材料

炭水化物はタンパク質を筋肉中に運ぶ役割

炭水化物が不足するとタンパク質を筋肉中に運ぶことができない!
ようするに筋肉とタンパク質が合成できない!

私も以前は筋肉をつける必要量のタンパク質を摂っていれば筋肉がつくと思い込んでおり、プロテインを重視していました。しかし一向に体重は増えませんでした。

そこで雑誌を読みあさり炭水化物の重要性を知ったのです。炭水化物の量をあげたとたん体重はみるみる増加して筋肉がついたのです。それから増量する時はタンパク質以上に炭水化物を重視した食事をする事で筋量増加のコツをつかんでいきました。

スポンサードリンク