筋肉とテストステロン

筋肉の発達を左右するテストステロン

テストステロン・レベルによる効果

トレーニング効果は体内のホルモンによっても大きく左右されます。その中でも筋肉の成長に大きくかかわってくるテストステロン(男性ホルモン)

テストステロンレベルが上がることで筋肉の合成をうながす効果が高まるので、筋肉の発達を促進します。

テストステロンレベルが低下すると、体に栄養が行き渡り難くなり、トレーニング効果が低くなります。

テストステロン・レベルが高くなる時間帯

・トレーニング直後
だからこそトレーニング直後(30分以内)にプロテインなど吸収の速い栄養素を摂ることが重要になります。

・トレーニング中のインターバル
1分のインターバルがテストステロンの分泌が一番多くなるインターバルです。さらにテストステロン・レベルを高い状態で保つことが出来ます。(だからインターバルは1分が良いと言われるんですね)

・睡眠中
睡眠中が一日を通して一番テストステロン・レベルが高くなります。だから休んでいる間に筋肉が作られるという訳ですね。よって睡眠前のプロテインが効果的とされているのです。

・食品
時間帯ではありませんが、食品によってもテストステロン・レベルを上げることが出来ます。(牛肉・鶏肉・卵・豆・ブロッコリーなど・・)サプリメントではZMAがおすすめです。

トレーニングは60~75分までに終わらせることも重要です。それ以上になってしまうとテストステロン・レベルは低下していきます。

スポンサードリンク