リバースグリップ・ベントオーバー・ロウ

リバースグリップ・ベントオーバー・ロウ 筋トレ種目(背中)

[使われる筋群] 広背筋(下部)、大円筋、三角筋(後部)、僧帽筋

リバースグリップ・ベントオーバー・ロウ リバースグリップ・ベントオーバー・ロウ
リバースグリップ・ベントオーバー・ロウ

広背筋下部に刺激が強い種目

リバースグリップ・ベントオーバー・ロウの動作のポイント

  • 肩幅位の足幅で膝を軽く曲げ、上体を45度位に前傾けます。

  • 脇をしめ肩からまっすぐ腕を伸ばし、バーは肩幅でリバースグリップ
    (手の平を外側に向ける)で握ります。

  • 上腕二頭筋の力を利用せず広背筋で持ち上げるようにバーを腹部に持って行きます。バーを引き上げたとき肩甲骨を寄せて筋肉を収縮させます。

トレーニングのポイント

ベントオーバー・ロウよりも、リバースグリップの方が重いウェイトを扱う事ができます。

背中のトレーニングでは1~2種目にやるのが適しています。

背中のトレーニングの場合、背中が疲労するより先に握力が疲労することが多いです。そのような場合はリストストラップやハンドパワーグリップを使用することで、疲労を軽減でき、さらにレップがこなせるので持っておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

背中種目


人気NO.1 プロテイン!!