ケーブル・リアレイズ

ケーブル・リアレイズ 筋トレ種目(肩)

[使われる筋群] 三角筋(後部) 僧帽筋

ケーブル・リアレイズ ケーブル・リアレイズ

ケーブル・リアレイズの動作のポイント

  • 膝を軽く曲げ肩幅より広めに立ち(肩幅でも良いがバランスが取りづらい)、
    上体を前傾させます。肘は軽く曲げます。

  • 弧を描くように、腕をまっすぐ肘が肩の高さより少し高めになる所まで引き上げます。

トレーニングのポイント

三角筋後部にピンポイントで効く種目。

ダンベルよりもケーブルで行うほうが、よりアイソレーション動作(1つの関節のみが作用)が強くなりターゲットとなる筋肉を動作させることができます。

重いウェイトを扱う種目ではないので、少し軽めのウェイトで限界回数まで行い、三角筋種目の最後に行う。

スポンサードリンク

三角筋種目


人気NO.1 プロテイン!!