効果的なダンベルトレーニング

効果的なダンベルトレーニングのポイント

今までダンベルトレーニングを行ってきて、今一効果が実感できない人は以外と多いのでは?なぜ効果が出なかったのか?このコンテンツでは、結果を出すための重要要素を紹介します。

結果を出すためのダンベルトレーニングの重要なポイント

ダンベルトレーニングに限らず、筋トレ初心者に多い筋肉が発達しない理由の考えは、家にあるダンベルが軽すぎるのではないか?レップ数は8~12レップのどのレップなら効果的か?などが上げられる。

しかし実際、これらを変えたからと言って思ったような効果を得られない。もっと重要なことを見落としてないだろうか?これから紹介する3つの重要要素をしっかり行えば、きっと体は劇的に変化をするでしょう!

レップ数の問題

レップ数は8~12レップで自分にあったレップを見つけるのが最適です。 12レップから10レップに変更したからと言って効果が劇的に変わることは無い。やはり自分で試してみて1番パンプ感の得られるレップで行うのが良いでしょう。

筋肥大に効果的な8~12レップの範囲で試してみる。その為には動作をゆっくり行ったり、下げる動作を意識するネガティブ・トレーニングを取り入れたりするのがポイントだ。

種目の最終セットでは15レップ以上の高レップで筋肉を完全にオールアウトさせるのも効果的なので、このようなテクニックを取り入れることも重要です。

結果を出すための重要な3要素

トレーニングのマンネリ化

一番多いと思うのがトレーニングのマンネリ化!!種目&負荷にも限界があるホームトレーニングでは、筋肉が刺激に早い段階で慣れてしまいます。こうなってしまうと筋肉の発達はなかなか見込めない。ホームトレーニングの場合、特に気をつけなければいけない事です。

最低でも2~3週間サイクルでメニューを変えるべき!
例えば「トレーニングの順番を変えてみる」「自重トレのみの週をつくる」「種目の組み合わせを変える」「レップ数を変える」など色々とあります。これだけでも十分に効果はあるのです。

ターゲット部位の意識&パンプ感

しっかりとターゲットの筋肉を意識して行わないと筋肉を刺激することは難しい。特にウェイトが軽ければ注意が必要なとなるうまくパンプを引き出す為にも、意識をターゲットに集中し1セット1セット丁寧に筋肉を刺激する事が重要。

意識をせずにトレーニングを行っても、次の日に筋肉痛が来ないなどトレーニング効果は薄れてしまいます。

筋肉の意識は重要なことだ!これができていなければパンプを引き出すこと、ピンポイントでターゲット部位を刺激することは難しい!

スポンサードリンク