大胸筋の上部

インクライン・ベンチプレスで大胸筋の上部を鍛えろ!

胸を大きく見せるには大胸筋の上部を発達させる

インクラインベンチ

胸を大きく見せるには大胸筋の上部(鎖骨の下)を発達させる事が最大のポイントとなります。フラット・ベンチプレスでは上部は発達しません。よってインクライン・ベンチプレスを行うことが必要となります。

インクライン・ベンチプレスを1種目めに行う

インクライン・ベンチプレス

種目の最初が最も効果的に筋肉を発達させることができるので、1種目めにインクライン・ベンチプレスを行うようにする。こうする事で大胸筋上部の発達を最優先して鍛えることができ、弱点の克服ができる!

ベンチ角度とグリップ幅

ベンチの角度に注意!

インクライン・ベンチの角度は30~45度が効果的とされており、角度は30度に設定して行うのが最も効果的

これは45度だと三角筋に刺激が強くなってしまうからだ。その他、30度の方が重いウェイトを扱うことができ、可動範囲が広くなるためです。

グリップ幅

グリップ幅は狭くする方がより大胸筋の上部に効きます。しかし肩幅より拳1個分の幅より狭くすると三角筋前部に刺激が強く作用してしまうので注意が必要。

ダンベルも効果的

インクライン・ダンベルプレス

インクライン・ベンチプレスの変わりにインクライン・ダンベルプレスを行うのも効果的です。

ダンベルに変えることで、動作のコントロールが難しくなることで、体がバランスをとろうとします。これにより様々な補助筋群が働き、筋肉に異なる刺激を与える事ができるのです。

ダンベルは効果が高い!

ダンベルの方が可動域が広くなることで筋肉のストレッチ効果が高くなり、バーベルよりも効果的とも言えるのです。バーベルで効いた感じがしない方は、ダンベルでプレス種目を行うことをお勧めします。

スポンサードリンク