ドロップセット法のやり方

ドロップセット法のトレーニングのやり方とポイント

ドロップセット法のポイント

プレート交換を素早く行うことが重要

ドロップセット法を取り入れるときのポイントは、プレート交換を素早く行うことです。時間が掛かってしまえば休憩を取ることになるので、できるだけ速く交換することが重要なポイントになります。

減らすウェイトの重さ

減らすウェイトは大体10~30%位ですが個人の筋力にも大きく左右されますので自分にあったウェイトを見つけることが大切になります。

目安としては、1回目は最初の重さの30%を減らし、2回目は1回目に減らした重さの20%を減らすようにしましょう

*余り重いウェイトを使わないようにする。12レップできるウェイトで行うのがベスト。

マシントレーニングに最適

ドロップセットはフリーウェイトよりマシントレーニングの方がウェイトを素早く交換することができるので最適と言えます。フリーウェイトの場合、急いでプレート交換をするとプレートの落下などの危険性があるので中が必要。

スミス・マシン

その他、連続して行うので、レップが途中で繰り返せなくなる危険性があるので、フリーウェイトで行う場合はスミス・マシンで行うようにしましょう。
高重量が扱え安全性も高いスミス・マシン

最終セットの追い込みにも適している

種目の最終セットのみ行うのも最後の追い込みに適していて効果的です。初心者の場合は、慣れるまでには効果を得ることが難しいトレーニングなので、まずは最終セットのみ取り入れるようにしましょう。

*ドロップセット法のデメリット

デメリットもあります。トレーニングを通してインターバルが殆どない為、心拍数が上がり呼吸が乱れてしまい体力の消耗が早くなってしまいます。結果的にトレーニング後半では極端に使用重量が減ってしまう事です。

スポンサードリンク