コンパウンドセット法

コンパウンドセット法で行う効果的なトレーニング

コンパウンドセット法を取り入れる

2種類の同じ筋群を共働筋の多い種目と共働筋の少ない種目で組み合わせ、2種目をインターバルなしで行い1セットとする方法。

組み合わせの例 *ダンベルプレス+ダンベルフライ

1つの部位に対しインターバルなしで2種目連続で行うので、ハードに筋肉を刺激する事ができるテクニック

同じ部位を2種目連続で刺激するので、2種目めのフォームなどが崩れやすくいので、その辺は注意が必要となる。

コンパウンドセット法の効果的トレーニング・プログラム

コンパウンドセットはスーパーセットと異なり、同じ筋群を2種目連続して行う方法なので、かなり強度が上がる。よって小筋群は刺激が強くなりすぎるので、コンパウンドセットは取り入れないようして、筋面積が大きい大筋群で取り入れるようにする。

■ 大胸筋のコンパウンドセットの組合せ例

ダンベルプレス+ダンベルフライ

コンパウンドセット

■ 背中のコンパウンドセットの組合せ例

チンニング+ワンアーム・ダンベルロウ

コンパウンドセット

 

コンパウンドセットのアドバイス

この組合せで、3セット行うようにする。連続して行うので時間短縮もでき、郷土も上がるので、とてもメリットの高いトレーニング・テクニック。

これは組合せの一例なので、様々な種目で行ってみよう。種目を組み合わせる場合は、1種目めに複合種目(複数の関節が作用する種目)を行い、2種目めにアイソレーション種目(1つの関節のみ作用)で行うのが効果的だ!

スポンサードリンク