三角筋の筋トレ

ステップアップ!三角筋の筋トレ・メニュー

ウェイトトレーニングを始めてから筋トレにも慣れてきた3ヶ月目以降は、種目を徐々に増やしてトレーニングボリュームを増していく。

筋トレ3ヶ月未満の方は、「ウェイトトレーニング初心者講座」で紹介している
ウェイトトレーニング1~3ヶ月の筋トレメニューで行うように!

ウェイトトレーニング3ヶ月目以降のメニュー

スタンダードメニュー
1種目 ショルダーバックプレス

■ショルダーバックプレス
■3セット×10レップ

三角筋全体をしっかりと鍛える事ができる。

2種目 ダンベル・シュラッグ

■ダンベル・シュラッグ
■3セット×15レップ

僧帽筋も鍛えるようにする。

【ワンポイントアドバイス】
僧帽筋は刺激が伝わり難い部位なので、なるべく重いウェイトを使用し高レップで行うようにする。

ウェイトトレーニング5~6ヶ月目以降のメニュー

オールアウトメニュー
1種目 ショルダーバックプレス

■ショルダーバックプレス
■3セット×10レップ

複合トレーニングなので重いウェイトが扱える。

2種目 サイドレイズ

■サイドレイズ
■2セット×10レップ

三角筋中部もしっかりと刺激する。

3種目 ベントオーバー・リアレイズ

■ベントオーバー・リアレイズ
■2セット×10レップ

三角筋後部もしっかりと刺激する。

4種目 ダンベル・シュラッグ

■ダンベル・シュラッグ
■3セット×15レップ

初心者の場合なるべく軽いウェイトを使い高レップで行うようにする。

【ワンポイントアドバイス】
バーを胸の前に持ってくるショルダーフロントプレスは、バックよりも重いウェイトを扱うことができるので効果的なのでバリエーションとして使い分けるのもよい。しかしフロントの場合は背もたれの付いたベンチで行うようにする。

スポンサードリンク